トップページ > 施設のごあんない >日帰り温泉


日帰り温泉

のんびりと、ゆったりと…四季折々の景色を眺められる露天風呂。
天然温泉アルカリ単純泉なので
シルクのようなやさしい肌触りのお湯が
疲れた体を優しく癒します。
陽が落ちると、美しく幻想的なライトアップの中で
また違った雰囲気をお楽しみいただけます。




〔効能〕 関節痛・筋肉痛・冷え性・消化器病など

入泉料について





〔天然温泉 シルク風呂〕
シルク風呂とは、別名「絹の湯」と言われており3ミクロン程度の細泡の集まりにより入浴剤等を使用せずお湯を真っ白に変えたお風呂です。 細泡の作り方は、大気中の空気を特殊機械により圧縮し瞬時解放を行うことによりできます。 入浴効果として入浴中に温まり開いた毛穴の中に細胞が入り込み毛穴に中から汚れ(脂肪・油脂・お化粧・毒素など)を吸着し浮上させます。 また、細胞がはじけてできる超音波により体の芯から温める効果もあります。
入浴温度 37〜40度がお勧め温度です。 入浴時間 10程度が適当です。


〔高濃度 炭酸泉〕
<男湯> <女湯>
特徴 炭酸ガスがたくさん溶けたお湯のことで、体中が炭酸の気泡で包まれることから別名「ラムネ湯」などと言われています。 天然の炭酸泉は日本では大変少ないものの、その効果が着目されて古くから療養泉として用いられています。
成分  遊離炭酸ガス1000mg/L以上
同成分を含む天然温泉長湯温泉
長湯温泉(大分県),七里田温泉(大分県),泡の湯温泉(山形県),バーデンバーデン(ドイツ)
炭酸ガスの作用
  皮膚から体内に吸収された炭酸ガスには血管を拡張させるため、一般浴よりも高い血液促進効果が期待できます。 またボーア効果といって、酸化へモグロビンからの酸素の解離が進み、酸素が組織に供給されやすくなることが報告されています。 そのため炭酸ガスを豊富に含む炭酸浴によって、生活習慣病に起用する症状や疲労回復、高血圧冷え性、肩こり、腰痛などの緩和が期待できます。
入浴法
  少しぬるめのお湯に10分程度ゆっくり浸かっていただくことをお勧めします。 また炭酸浴では体をつけた部分が数分で真っ赤になることがありますが、入浴後には戻りますので、安心してご入浴ください。

特徴  炭酸ガスがたくさん溶けたお湯のことで、体中が炭酸の気泡で包まれることから別名「ラムネ湯」などといわれています。 また肌にうれしい弱酸性、入浴剤の肌のサラサラ感が特徴的です。 エステでも使われているとても贅沢なお風呂です。
成分  遊離炭酸ガス1000mg/L以上
同成分を含む天然温泉長湯温泉
長湯温泉(大分県),七里田温泉(大分県),泡の湯温泉(山形県),バーデンバーデン(ドイツ)
炭酸ガスの作用
  炭酸ガスは容易に皮膚から体内に吸収され、とくに皮膚近傍での結構促進や組織への酸素供給促進効果が高いことが報告されています。 そのため炭酸浴は肌の代謝促進たお肌の老化予防効果が期待できます。
入浴法
  少しぬるめのお湯に10分程度ゆっくり浸かっていただくことをお勧めします。 また炭酸浴では体をつけた部分が数分で真っ赤になることがありますが、入浴後には戻りますので、安心してご入浴ください。
下記の画像をクリック すると拡大版をご覧いただけます。

雲海の湯

高濃度炭酸泉

白山の湯

立山の湯

サウナ

>>ひのき風呂に戻る








ページの先頭に戻る

おしらせ施設のごあんない営業時間・アクセス